2017年11月12日

もう11月。そろそろ、お風呂の入り方に注意しよっと。

20171112お風呂.png


2017.11.12

早いもので、もう、11月。
心臓の手術から、早、10ヶ月。
心配していた夏は、、、8月は、いちいち雨が降ったおかげで、
ひどい暑さに悩まされることなく去って行きました。
が、心臓に負担が掛かりそうな「連日の猛暑」でどうなるのかは、来年に先延ばし。
ちゃんと、行きていられたら、、、ですが(^^ゞ

夏は上手く?行き過ぎたものの、怖いのはこれからの寒い季節。
懸念の一つは、お風呂。
関東では、まだ言われないですが、そろそろ出始める、、、
【ヒートショック】の話題。

検査で「心臓の状態は、正常値に乗ってきましたよ」といわれはしたものの。。。
一度、ひどい心肥大で、更に大動脈弁の置換手術までして、弱りきったことのある心臓。
値は正常値でも、弱ってしまったものは、発病前の通り、、、では、おっかない。

そこで、まず、前の冬のお風呂の入り方を思い出してみると。。。

■入浴の回数。
まず、入浴は、基本的に2日に1度。
これで、リスクは半分(^_^)

■お風呂を沸かす。
お風呂を沸かす時は、お風呂のフタは半開き。
これで、浴室内の湿度と温度が上がります。

■服を脱ぐ場所。
服を脱ぐのは、脱衣所ではなく、浴室で。
「脱衣場の暖房」とか言われるし、電気店とかで、脱衣場の暖房をチェックしてみたけど、
あんまり、「これなら大丈夫!」と病人本人が納得できるものがない感じ。
設備費もかかるし。病人にそれで10万とか辛い。そこは工夫で(*´∀`*)

■服を脱ぐ。その1。
服を脱ぐのは、まず、下半身から。
これなら、心臓がすぐに冷えて、、、発作が出ることがないと思う。

■足湯を十分に。
下半身を脱いだら、浴槽に足をツッコミ足湯に。
追い焚きをしながら、上半身もポカポカするまで長々と。
膝が寒いと感じたら、手桶などでお湯を掛けながら。
そうこうしているうちに、浴室内も更にポカポカ(^_^)
ちなみに、足湯はとってもいいらしい。
心臓より高い位置まで浸かると水圧で心臓に負担がかかる。
でも、足湯=ふくらはぎあたりまでなら、逆に水圧が血液循環を手伝って、心臓を助けてくれる。
思えば、心臓手術をしてしばらくの間は、足がむくまないように、
タイツ(みたいなの)を履かされてたっけ。

■服を脱ぐ。その2。
上半身の服を脱ぐ。

■湯船に浸かる。その1。
湯船に浸かる時は、みぞおちまで。
心臓に水圧が掛からないように。
でも、それだと、肩が寒いので、100円ショップで買った、ぞうさんジョウロに、
湯船のお湯をすくいながら掛ける。
ここでポイント!
「それなら、シャワーのお湯を掛ければいいじゃん」と思いがち。
けれど、それだと、どんどん水かさ(深さ)が増してくるから、
みぞおちよりも深く入ることになっちゃう。
お湯が溢れたら勿体無いし(。ŏ﹏ŏ)

■頭、体を洗う。
どうしても、寒さがあるので、短めに。
シャワーをかけながら、なるべく寒くならないように。

■湯船に浸かる。その2。
その1と同じ。もう一回、ちゃんと温まる。
とは言え、「心不全手帳」には、「入浴は5分程度」とあるので、
その1、その2通算で、5分程度になるように。

■体を拭く。
入浴が終わったら、体を拭く。
寒い脱衣所に戻らないで、浴室内で。
さっと、浴室にバスタオルを持ち込める(引き込める)ところに、
バスタオルも着替えも用意しておく。
個人的には、洗濯かごがオススメ。

■服を着る。
これも、浴室内で。まずは、上半身から。
上半身から着て、心臓がビックリしないようにガードできたら、
下半身の服を着る。
濡れないように履けるなら、浴室内で。
どうしても、濡れちゃいそうと思ったら、この時点なら脱衣所に戻っても大丈夫と思う。

入浴の手順は、こんな感じ。

心肥大の経験がある心臓。
よく人に説明するのは、
「新品の風船をいっぱいにふくらませたら、空気を抜いても元に戻らないでしょ」。

きっとそんな状態なので、年齢に関係なく、健康なままの人よりも気をつけないとね。
ある程度になったら、年齢を考えたら、健康なままの人でも、気をつけないとね(^^ゞ

ってなわけで、入浴すらちょっと怖い冬が、また、そろそろ、やってきます。
やだな。。。(´;ω;`)<心臓怖い。。。




大切なスポンサー様です。どうぞよろしくお願いいたします。


※今回使用のイラストは「いらすとや」さんから、使用させて頂きました。ありがとうございます。
posted by かじら at 16:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

大動脈弁置換手術後はじめての旅行、京都、高槻へ。

20171028京都へ.JPG
伏見稲荷


♪京都~おーはら、三千院~♪

心臓手術から、9ヶ月後、心不全で診察→即入院「帰っちゃダメです」から、早1年。
入院から1周年を記念して、、、というわけではありませんが、
住まう神奈川から、京都と大阪へと行ってきました。

近頃のネタは、「もう、1年以上も、病院以外にお泊りしてない」でしたが、
それを打ち破りました(^^ゞ

旅行ってどうなんだろ?と不安がありつつ、スタミナ、体力はないものの、
手術後の経過としての体調は、不安もあるけれど、順調とは思われてました。

とは言え、そういう、一歩踏み出すのって、キッカケがなくちゃ中々難しい。

そんな折。
敬愛する、美登里姐さん(辛島美登里、代表曲は「サイレント・イヴ」)から、
「(大阪)高槻でファンクラブイベントやるから来てね」(という文面ではないけれど)と、
お誘いがあったので、「ならば行かねば!」と行ってまいりました!

もちろん、阪神ファンでもある私は、関西方面に知り合いも多く、
大阪参詣、手術後のご挨拶には、まだ行ってなかったので、いいきっかけでもあるので。

心臓手術。
そんなことをすると、流石に収入なんかも、ちと、ままなりません。
なので、なるべく予算は抑えたい。。。

手術後初の旅行で、ちょっと、不安はあるけれど、夜行バスにチャレンジ。
バスタ新宿から、友だちと待ち合わせしている京都の京都駅前まで。
しかも、今回は、はじめての往復夜行バス。
それまでは、往路は夜行バス、帰りは青春18切符という格安プランはしてたんだけど。

さて、まずは、バス移動。
大動脈弁(機械弁)を入れた私は、身体障害者。
電車だと、必ず付き添いがいないと、身障者割引が使えません。
でも、路線バスや、夜行バスなら、ひとりでも、身障者割引が使えます。
3連休中だったのに、往復7000円台で済んじゃいました。
ありがたいことです。

他にも、拝観料が割引になったり、京都タワーの地下のお風呂も割引になりました(^_^)

夜行バスでの帰りの前に、お風呂に入れるのは何とも快適です♪
入浴で疲れを落とし、やや残る入浴の疲れで、バスでも快眠♪

家に帰り着く直前に、仕事のご予約が入り、2時間後に接客~という状況でも、
無理なく仕事ができて、よかったです(^_^)

今回の旅行は、1泊。

初日は、約半日、京都を周り、高槻でイベント。
イベント終わりで、大阪に行ったら必ず行く、阪神ファンが集まるお店に直行。
高槻に泊まって、2日目は、比叡山で、特別拝観ってな感じです。

京都を一緒に回った友だちも、歩きはゆっくりモードにしてくれたので、
ひとり遅れることもなく、助かりました(^_^)<ありがと♪

旅行になると、どうしても、外食になってしまい、食事制限は、ちょっと辛いけど、
ま、計6食で、塩分とか少なくできるところは、少なくしたので、
1日の制限のオーバーは、極力抑えられたかな???
人工弁に不具合を及ぼすビタミンKの制限は、しないとダメだけど、
ほんの時々の塩分制限オーバーは、恒常的になってなければ、多分大丈夫だと思うので、
ま、ほんの2日間だったので、大丈夫かなと思うの。

もちろん。
火がボッと出るラーメンとか、美味しくなかったので(個人的な意見ですヨ)、
「不味いもの食って塩分オーバーさせてあげるもんですか!」ってな調子で、
お金は勿体無いけど、ほぼほぼ食べずに済ませたりしたので、
その分、減塩にはなったかな?

※「たぶん美味しくないだろな」「塩分制限超えるかな?」と思ってながらも、
 友だちと一緒だったので、まぁ、そのへんは付き合いで行ったんだけど。
 塩分制限になってから、まともにラーメン1杯とか食べたことないし。。。

何はともあれ。
ひどい状態で入院して、大きな手術して、胸骨切って、痛くて動けない日々を経て、
やっと、好きな旅行にも出掛けて、
「今は、病気のことよりも」と、
伏見稲荷、東寺、仁和寺、比叡山延暦寺、六波羅蜜寺などで、
「商売繁盛」パンパンとお願いして、
なんとも楽しい旅行でした(^_^)

初日の午前中は、どうも、雨に祟られてはいたんですけどね。

うーん。やっぱり、旅行は楽しいな(^ー^)
心肥大が重病化する前の元気なときと同じようにとはいかないけれど、
元気になって良かったな(^_^)

失ったものを一つ、取り戻した気持ちの良さがあります(^_^♪

20171028京都へ2.JPG
美登里姐さんとファンクラブイベントでツーショット





大切なスポンサー様です。どうぞよろしくお願いいたします。
posted by かじら at 23:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

大動脈弁置換手術から9ヶ月の診察。

20171014診察.JPG


写真の花は、月下美人。
わたしの好きな花です。
初夏から秋にかけて、夜にしか咲かない、純白で透明感がある、
しかし、ある種の妖艶さも持ち合わせている不思議な花。

この花を、ふたたび見ることが出きて、とても幸せ。
と言いながらも、夜にしか咲かない花。今年は、何だか見逃すことがとても多い。

心臓手術をしてから、ひどく疲れやすくて、つい眠ってしまって見忘れ。。。
もう、何十年も見続けてるから「今夜咲く」とか分かるんですけどね。
ファンである阪神タイガースの試合が長いっていうのも原因。。。(;一_一)

それはさておき、写真の月下美人は、最近の診察全日に咲いたもの。
診察日は、10月3日。
年明けすぐの1月5日に手術をしているから、手術からほぼ9ヶ月の診察日。

本人の感じる体調としては、ちょっと悪い。
疲れやすいし、息切れしやすいし、すぐ眠たくなるし。

ところが、診察の結果は良好で、問題なし。
まぁ、心臓に問題がなければ、特にいいや。って感じでもあるかな。
とりあえずは。

前回の診察までは、血栓付着防止のためのお薬ワーファリンの効き具合が悪く、
毎回のように、ワーファリン増量の処方箋。。。
今回の採血、血液検査の結果は、それには一切触れず、
ワーファリンの量は現状維持の3.5錠。
お医者さんが触れたのは一言。
「中性脂肪が高いですね」
。。。_| ̄|○

塩分制限があるので、あまり、お肉も食べてないんだけど。。。
しかし、手術後、すくすくと体重は成長を続け。。。
いや、ここひと月は、現状維持なんだけど。。。
「まぁ、今回の血液検査でそういう値が出ていたので」と慰めのお言葉。

ま、まぁ、とりあえず、心臓と置換した人工弁(機械弁)の調子はいいようなので、
ま、まぁ、良しとしますか。
ってか、手術後、3~4キロ(目標体重からは3キロ)増えてる体重をなんとか減らさないとなぁ。
とりあえずのお悩みは、心臓よりも体重。。。(;一_一)
放っておくと、また、このままブクブク太りそう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

で、ブクブク太ると、心臓にまた負担が掛かっちゃうからね。
ホンマになんとかしないとね。
やっぱり、ちゃんと歩いて、ポケモンGoしなくちゃね(^^ゞ




大切なスポンサー様です。どうぞよろしくお願いいたします。
posted by かじら at 21:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする