2018年04月15日

障害年金の話-1 それは、突然やってきた。

障害年金の話02.jpg


限界となった心肥大。
診察後、即入院を経て、容態が安定したので退院。
はじめに入院した病院には、心臓を手術する設備がなく、
「近い内に、こちらの病院を受診してください」と言われました。
正確には、この時点では、手術するなんて、思ってもいなければ、聞いてもいませんでした。
新しく受診した病院で、手術と言われ、そうなのか。。。と。

受診し、手術の話をされ、日程等を詰め、一通り終わり、
あれは確か、支払い待ちで、待合室で待っている時。

改めて、簡単な手術の話と、
「手術すると、身体障害者になります」と、
身体障害者になったあとの手続きの話。
中には「手術前に、この書類を市役所から貰ってきておいてください」という話も。
その中に、障害年金の話もありました。

命の中心たる心臓の大異変、そのために身体障害者になるということ、
先の見えない、今後の生活。。。

創業したばかりのわたしにとっては、障害年金をもらえるなら、これほどありがたいことはない。
神様は助けてくれるんだな。。。
ちょっと、意外な展開に、少しホッとしたのをよく覚えています。

とはいえ、そんなことは、手術が無事に終わり、退院できてからの話です。
まずは、胸骨を切って、心臓をこじ開けて、大動脈弁を人工のものに換える大手術に、
本当は、怯えながらも、なるべく、時間を心安く過ごすことを考えていました。




大切なスポンサー様です。どうぞよろしくお願いいたします。
posted by かじら at 19:05| Comment(0) | 心臓病と障害年金 | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

障害年金の話 ~その前に~

障害年金の話01.jpg


ずっと書こうと思っていいました。
障害年金の話です。
ちょっと、心の整理がつかなくて。。。
と言いながら、未だに、どうやって書こうか、構成をどうしようかと、悩んでいたりします。。。
なんとなく、微妙に書きにくい感じもするし。

とはいえ、まぁ、ぼちぼちと、書いて行きたいと思います。

とりあえず。。。
年金制度って、何だかよくわかりません。。。(ノд\")
年金を収める側に、理解しがたい制度になっているって、それでいいのかな???




大切なスポンサー様です。どうぞよろしくお願いいたします。
posted by かじら at 21:08| Comment(0) | 心臓病と障害年金 | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

「NHKスペシャル・人体」(20180318放送)を見て

胎児.png


NHKスペシャル・人体。
毎回見ています。
毎回ビックリです(@_@;)<すごい。。。

今回は、受精卵から赤ちゃんができるまで。
、、、タイトルは、違うと思う(^^ゞ
でも、内容は、だいたいこんなところw

受精卵になって、着床。
細胞分裂が始まって、最初にできる臓器が心臓。

先天性の大動脈弁閉鎖不全症だった、ワタクシ。。。

いきなり失敗してたんか。。。_| ̄|○

いろんなものを作ったり、、、そんなんが好きなんだけど、
いつも、どっかで失敗してたりもしています。
最近は、そういうのも、ちょっとずつ減ってたりもするけれど。
人生においても、どっかで、いつも失敗してる。。。(TдT)

って、最初の細胞分裂あたりから、いきなり失敗してたとは。
後の人生を、そもそも、示唆してたんやなと、いまいちガッカリ(´・ω・`)

一緒に見ていた母は。
「お父さんの遺伝ね」
「お母さんのせい?」
とか言ってたけれど。

「細胞分裂失敗したオレのせいじゃね???」
と言ったら、その話は、終わり。

翌日。
同じくNHKの「あさイチ」で、受動喫煙の害の話。
、、、大動脈弁を作るの失敗したの、オヤジの喫煙のせいじゃね(;一_一)<くそオヤジ

父は、喫煙者だったけど、ワタクシは、大のタバコ嫌い。
、、、胎児の頃から、嫌いだったかも。。。(●`ε´●)
おかげで、大迷惑。。。
意識外で、タバコの被害を、よくよく感じていたのかも。

主治医の先生も言ってました。
「ホントに、タバコは、売らないで欲しいですね」

たばこによる税収の面もあるのだろうけれども。
例えば、ワタクシの大動脈弁閉鎖不全症のための大動脈弁置換手術は、400万円。
タバコによって、健康被害や、先天性疾患が出てしまえば、多額の医療費。
つまりは、健康保険料が大量に費やされるのだから、比較してしまえば、
たばこ税による税収は、、、収入としての値でしかないのではないの?と思うわけです。

そもそも、タバコ。
つまり、「煙を吸う」という行為は、自然界ではありえないこと。
自然界で「煙」が発生したら、山火事や噴火に巻き込まれないように、
動物たちは、一目散に逃げ出すのだから、好き好んで煙を吸うとか絶対にない。
そんなわけで、煙に対する耐性なんてある訳がないの。

耐性がないことについて、
小さな小さな胎児が晒されてしまえば、
そりゃ、当然不具合が起きますよ。

あら。
話そうと思っていたことと、違う方に行っちゃってる(^^ゞ

やっぱりどっかでミスるな(笑)

最初の細胞分裂の頃からの性質らしい(笑)

病気は笑い事じゃないのよ!!!




大切なスポンサー様です。どうぞよろしくお願いいたします。
posted by かじら at 18:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする