2017年02月24日

塩分制限なんて不要!恐ろしい私見。。。

減塩不要の暴論.jpg
きのこ類には、カリウムが多く、塩分(ナトリウム)排出の効果があります。



うーん。
健康に、ひいては、命に関わること。
私見を持つのは自由ですが、あまりネットには書かないで欲しいと思うことが時々あります。

「塩分制限不要」をとくとくと語っている記事を見つけてしまいました。

「塩分制限をしたからといって、血圧が下がったことを実感している人は、ほとんどいません」から始まったその「私見」。

個人的にどう思おうが、個人的にどうしようがかまわないとはおもいます。
ただ、その記事を書いた人が、どういう人で、どういう経歴で、どういう研究をしているのかは、そもそも、名前すら出ていません。
信憑性は、あまり信じるにたるものではないという印象です。

特に医学では、正解はとっても難しくてナイーブだと思います。
だから、完全に肯定するのも、完全に否定するのも難しいと思います。

減塩は意味がない。
多く摂取しても、排出されるから関係ない。
カリウムを摂取すれば、ナトリウム(減塩=減ナトリウム)が排出されるから、カリウムを多く摂取すれば問題ない。
と、色々と書かれています。

考え方は、正しいようにも思えます。

でも、自分が病気をしてみて思うことは、何事もバランスが大事なんだと思います。
「○○を摂りすぎたから、〇〇を多く摂ればいい」をしていると、バランス的に破錠することは、想像に難くないはずです。
わかりやすく言えば、「ラーメンで塩分摂りすぎたから、カリウムの多い果物を沢山食べよう!」。
確実に、カロリーの撮り過ぎです。頻発すれば、ブクブク太って成人病になりますね。

それはともかく。
私は、理屈で困ったときには、原点回帰します。
例えば、人間は、そもそも、森や野原で暮らす猿でした。
海は遠い、塩は遠いところで暮らしています。
それが、2000年前とか、2500年前とかに、文化的な生活が始まり、塩を獲得するようになりました。
文化的な生活が始まる前は、どうしていたか?
きっと、現代の猿と同じことをしていたと想像できます。
毛づくろいをして汗からの塩分を拾って食べる、野生の象がしているように土を食べて微量の塩を摂取する。
他には、獲得した動物の血液に含まれる塩分を摂取する。
そんな生活では、例えば現代人のような、大量摂取は難しいでしょう。
そう考えれば、大量の塩に対する耐性が、そもそも備わっていない。
代を重ねるごとに、塩に対する耐性はアップしているかもしれないけれど、20年サイクルとして、2000年で100世代。
100世代で、どれだけの塩に対する耐性がアップするか?ということです。
無限に大丈夫?それは、ちょっと考えづらい。。。

全く別な話。
イギリスの主食はパンです。
パンには、例えば、菓子パン1つにも、0.5gの塩分が含まれ、結構多いです。
そこで、イギリスでは、国内のパンメーカーに指示を出して、全てそれまでよりも減塩するようにしました。
消費者は、味の変化には気が付かない。。。
それだけではなく、なんと、社会保障費の削減に成功したそうです。
減塩パンの目的は、社会保障費を減らすこと。見事成功です(^_^)
そうです。
主食のパンを減塩することで、塩分の過剰摂取が減り、社会保障費が減ったんです。
これは何よりも、減塩の効果が数値化されて示されたのではないかと思うのです。
もっとも、いろいろな要因が絡んでいる可能性もあるとも思われるので、「絶対」ではないのかも知れません。

とにかく。
個人が勝手に思っていることと、多くの人が研究して導き出した結果とでは、やはり、後者を信じるほうが懸命だと思います。
自らの身体で人体実験してみたい方を止めたりはしないですが。。。

その記事を書いた人は、こうも書いています。
「塩分の少ないまずい食事」

料理をする私からすると、それはひどい思い込みです。
実際に減塩して、素材の味をよく味わうように食べるようになったら、
「この食材は、こんなに美味しかったんだ、今まで塩分で覆い隠すような調理をしていて損した」
と、思うようになりました。

正直、塩分は、塩辛いだけです。
旨い不味いの味覚は、旨味成分は、塩分ではなく、食材から出てきます。
塩分は味を締めますが、塩分が少なくて不味いと感じることの大半は、食材の味を上手く活かせていないからだと思います。
ま、少なくとも、そう思ったほうが、減塩は楽ですよ。

但し、減塩減塩といっても、1日4グラムくらいは、最低必要なので要注意です。
結局、バランスなのですね。




大切なスポンサー様です。どうぞよろしくお願いいたします。
ラベル:減塩
posted by かじら at 15:55| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

退院から1ヶ月

退院1ヶ月.jpg


早いもので、退院から1ヶ月が過ぎてゆきました。
手術後、退院まで約2週間ですから、約6週間~7週間。
退院から2週間後に初めての診察がありました。
その1週間前には、身体障害者手帳を取得するための書類が出来上がったと言うので取りに行き、
その足で、同書類を市の施設に提出しました。
でも、まだ、「取りに来て下さい」との連絡はないまま。。。
先生はすごく早く対応してくれましたが、お役所は中々動いてくれませんね。
まぁ、そんなもんです。

初めての診察のとき、「また不整脈が出ていますね」と言われてガックリ。
でも、投薬治療のままで、電気ショックとかはないです。
不整脈が出ていたからと言って薬が変わるわけではなく、ほぼそのまま。
元々、投薬されているワーファリンに不整脈を治す効果があるらしいからです。

退院時に処方されたお薬。
個人差はあると思います。
私の場合は、ちょっと効き過ぎたようで、血圧が下がりすぎて立ちくらみを頻発。
変えてもらったら、ちょっと、血圧が高くなり気味。。。
中々難しいですねぇ。
微調整まではしないし、冬の寒さの一番厳しい時期。
必然的に血圧も上がるのでしょうし、
状態がいいので、退院当初ほど寒さに対する気遣いもないので。。。

はじめての診察のその日。大きな不整脈がありましたが、その日以外は、平穏です。
手術当初、手足の指先が寒くて冷たくて仕方がありませんでしたが、
今はもうスッカリ。心臓も人工弁に慣れたのか、血流が良くなったようで掌にも赤みがさし、
指先の寒さ、冷たさは、あまり感じなくなりました。
いつもの冬並みって感じです。

若い人でも自転車を降りてしまう急な坂。
元気な時は、降りずに登れたので、チャレンジしてみました。
見事、登りきりました!!!
心不全の状況が出るに連れできなくなっていたことが出来るようになったのは、
「手術してよかった」と、本当に実感する瞬間ですね。

ただ、時間が経つに連れ、食事制限がひしひしと負担になってきて、ちょっと辛くなってきました。
人工弁を止めてしまう可能性のあるビタミンKの摂取は怖いですが、
塩分は、習慣化しなければ、ちょっとだけならオーバーする日があってもいいのかな
とか思っちゃいます。
10日に一回とかのレベルで言ってますよ。
まぁ、そんなことを言ってしまうのは、ちょっと行き詰まりを感じているからです。。。

しかしながら、徐々に血圧も高くなってるし、体重も増えてるしで、それでいいのかとも思います。

手術の跡は、だいぶいい感じです。
初めての診察の時に先生に「お風呂は普通には入ってもいいですか?」と聞いたところ、
「いいですよ」と言われました。
傷跡の状態がいいからだと思います。
でも、基本的には、まだ慎重に入ってます(^^ゞ
手術痕以上に、とにかく、心肥大の状態をできるだけ早く治したいから。
一番の目標はそれなので。

手術痕の状態はよくて、最近気づいたのは、触ると感触があった縫合糸がなくなっていること。
完全にかどうかはわからないけれど、手に当たってた部分は溶けたらしい。
但し、切り開いた胸骨を止めたワイヤーは、取り除いたり、溶けたりすることは無いようです。
再び手術の憂き目にならない限りは、一生モノ。ってことですね。
かなり金属なワイヤーですから、まず溶けないでしょうね。

だいぶ、傷の具合も、心臓の具合もいいようで、時より、手術したことすら忘れてしまいます。
まだ骨が完全ではないので、ちょっと危険な状態です。。。(笑)

ただ、夜寝る時、静かな部屋に一人でいると、ペケペケといった感じの人工弁の音が聞こえてきます。
昼間起きている時は、全然気になることはありませんが、
最近はこの時が一番手術したことを思い出させます。





大切なスポンサー様です。どうぞよろしくお願いいたします。
posted by かじら at 17:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

減塩メニュー013 なんと塩分3分の1!減塩焼きそば♪

減塩13塩分1g焼きそば.jpg


【材料】
スパゲッティ(細いもの) 80gくらい(少なめ)
ウスターソース 大さじ1杯弱
たまり醤油(刺し身醤油) 少々
鰹節
コショウ
オリーブオイル
ニンニク
一味唐辛子
キャベツ
もやし
たまご
青のり
※その他の具を加えてもOKですが、あまり多くなると味が薄くなるので注意です。


【作り方のコツ】
まず、準備です。
小さな容器に、オリーブオイル、一味唐辛子、ニンニクのみじん切りを入れて、2~3日寝かしておきます。
これ、毎回ラー油を使うと、コスト面でも痛いので、洋風ラー油みたいな感じで作り置きしています。
ちょっと、便利です。
今回は、これを使います。
「そんな用意してらんないよ!」という方は、ニンニクのみじん切り、一味唐辛子を適量具材を炒め混ぜする時に加えて下さい。

スパゲティーを茹でます。
通常スパゲティーは塩ゆでしますが、塩は加えずに茹でて下さい。
塩ゆでは、塩分量が全くわからなくなるのでNGです。管理できなくなります。

スパゲティーを茹でている間に進めます。

キャベツを荒く切り、しんなりしているもやしなら握って水を切ります。
フライパンにオリーブオイルをしきます。
溶き卵を焼き、キャベツ、もやしを炒めます。
コショウはこの時ふっておきます。

スパゲティーがゆで終わったら、具材を炒めているフライパンに投入して、炒めます。
ここで、ウスターソース、最初に書いた調味料、鰹節、たまり醤油を順次投入して、よく混ぜ合わせます。
よく混ざったら、お皿に移して、青のりをかければ出来上がりです。
調味料を工夫した以外は、ほぼ、通常の焼きそばと同じです。


【作者の感想】
心不全で、塩分を1日6グラムに止められて依頼、食べられなかった焼きそば。
通常の焼きそばは、塩分量3グラム。
お昼に食べるような焼きそばで、そんなに塩分使ったら、夕ご飯どうするの!って感じなのに。。。
家族は旨そうに食べてたりします。
この悔しさを晴らさいでか!というわけで作りました(^^ゞ

食べた感想は、確かに最初食べた時は薄い感じがします。
けれど、後追いでピリッと感が来て、風味は焼きソース。いい香りです♪
ポイントは、辛味を加え、風味を高くしたことで、満足感が出ること。
それから、焼きそばの麺、その他の麺も塩分が多く、食べるのには気が引けます。
しかし、スパゲティーだけは、基本的に無塩です。なので、スパゲティーだけは、塩ゆでします。
そうめんの茹で汁などは、かなり塩辛いです。

成分表を見てみると、我が家にあったウスターソースは、大さじ一杯で約1グラムの塩分量。
これと、たまり醤油だけが、この料理の塩分の元です。
この2つの調味料の調整加減が、塩味に影響します。

もう一つのポイントがたまり醤油です。刺し身醤油。
刺し身につけても真っ黒。
煮物に使っても真っ黒。
でも、色の割に塩辛さは感じません。
※でも、普通の醤油と同じぐらいの塩分量があります。
その真っ黒な色に着目しました。
ウスターソース大さじ一杯だけでは、どうしても色が薄く、「焼きそば」らしさがでません。
そこで、たまり醤油の登場です( ̄ー ̄)ニヤリ
ま、つまりは、たまり醤油を着色料として利用したというわけです。

これで、見た目も、味も、風味も、ちょっと満足感が出る焼きそばの出来上がりです!
、、、スパゲティーを使ってるから、これは、ソーススパゲティーじゃん!ってツッコミはナシよ♪


減塩12煮干し炒め2.jpg





大切なスポンサー様です。どうぞよろしくお願いいたします。
posted by かじら at 15:40| Comment(0) | 減塩生活と減塩レシピ | 更新情報をチェックする